トピックス

建物検査(インスペクション)とは

建物検査とは

建物検査とは、住宅の専門家が住宅の状態を調査・診断する業務で、インスペクションとも言われています。 中古住宅の品質確保という視点で、住宅履歴書とともに重要視されおり、今後普及が期待されています。 不動産業者や工務店のビジネスにおいて、顧客への品質保証、アフターサービスという視点で、今後大きな需要が見込まれています。

どんなメリットがあるの?

建物検査(インスペクション)は、売主・買主または施主に代わって、プロの見地から住宅の状態を検査・診断するサービスです。 利用者のそれぞれの立場によって、様々な活用方法が考えられます。 建物検査(インスペクション)業務そのものを販売し、生業とすることもできますし、自社業務の補助的な業務として活用することもできます。 重要なのは、正確な検査・診断を行い、それをわかりやすく顧客に説明、プロとして適切なアドバイスを行い、顧客に利益を享受してもらうことです。

今はどのように活用されているか?

建物検査(インスペクション)は、イギリスやアメリカでは近年から活用されており、すでにかなり成熟した制度が確立されています。 日本においては、まだまだ普及の初期段階であり、日本の住宅事情に適合した制度を模索している段階ですが、既に不動産や工務店の様々なビジネスシーンで活用され始めており、急激にその数を伸ばしています。

どのように活用すべきか

丁寧に物件の検査を行い、プロの見地からアドバイス、実現可能な対処方法の提示、この様な現場での柔軟な対応は、本来小回りの効く中小の不動産業者や工務店だからこそ、実現が可能な業務といえます。 住宅の品質を顧客に明示すること、定期的に住宅の劣化を検査しその結果を顧客に明示することは、不動産業者、工務店にとって顧客との関係をより強いものにし、新しいビジネスを生み出すことが可能です。