トピックス

既存住宅瑕疵保険とは

既存住宅瑕疵保険とは

既存住宅瑕疵保険は、まだ新しい保険制度で、ようやく認知されはじめたくらいの状況です。当然のことながら、買主からの個別の依頼による保険の適用が多くを占めています。しかしながら売主側、買主側の意見調整など、保険の適用を進めるにあたっての課題も多く、まだまだ普及が進んでいないのが現状です。

どんなメリットがあるの?

既存住宅瑕疵保険を適用するためには、住宅の基本的な性能について検査に合格することが必要です。 瑕疵保険が付保されていることで、対象住宅における一定の品質が保証され、瑕疵が原因による損害が保証されることにより、買主が安心して不動産取引を進めることができます。 また買主向けだけでなく、売主のリスクヘッジにこの保険を活用する場合もあります。

今はどのように活用されているか?

既存住宅瑕疵保険は、まだ新しい保険制度で、ようやく認知されはじめたくらいの状況です。 当然のことながら、買主からの個別の依頼による保険の適用が多くを占めています。 しかしながら売主側、買主側の意見調整など、保険の適用を進めるにあたっての課題も多く、まだまだ普及が進んでいないのが現状です。

どのように活用すべきか

丁寧に物件の検査を行い、プロの見地からアドバイス、実現可能な対処方法の提示、この様な現場での柔軟な対応は、本来小回りの効く中小の不動産業者や工務店だからこそ、実現が可能な業務といえます。 住宅の品質を顧客に明示すること、定期的に住宅の劣化を検査しその結果を顧客に明示することは、不動産業者、工務店にとって顧客との関係をより強いものにし、新しいビジネスを生み出すことが可能です。